Windows365

いつかは出るかなと思っていましたが、やはり出ました。

Windowsのクラウド版、Windows365

Microsoft 公式サイト Windows365

????という方も多いかと思うので、簡単にお話しすると、、、

(HTML5に対応した)ブラウザ、

例えばMicrosoft EdgeやGoogle ChromeなどでWindowsが使えるというもの。

パソコン立ち上げるときどうするの?という声が聞こえるかもしれませんが

Mac、iPad、Androidとかで使うことが狙いなんだそう。

Windowsでしか動かないソフトを外に持ち出したiPadやAndroidスマホで

使いたい場合がある人には便利かもしれません。

(もちろんそのソフトがWindows365対応である必要はありますが)

8月2日からサービス開始ですが、

とりあえずは企業向けからスタートで個人向けは未定とのこと。

価格はサービス開始時に発表とのこと。

また、Windows 365を利用するには、Azure AD(AAD)により認証されている

「職場または学校アカウント」(AADアカウント)が必要になり、

個人向けのMicrosoftアカウントでは利用することができないので

このあたりが個人向けは未定の理由かもしれません。

参考ですが、、
実は多くの人があまり利用していないかもしれませんが

Microsoft365にはWEB上で動くExcelやWordがあるので

iPadやAndroidスマホでMicrosoft製品が

どんな動きをするかを見ておくと参考になるかもしれません。

Chrome上でMicrosoft365のWEB上で動くExcelを開くとこんな感じです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です